新築一戸建てを自分のものにするなら費用面について確認をしよう

業者選びで注意すべきこと

新築一戸建てなど住宅を購入する際の要になるのが、住宅メーカーや工務店選びではないでしょうか。名古屋市には大手をはじめとしてたくさんの工務店があるので、どこを選んだらよいか迷ってしまうかもしれません。まずはできるだけ多くの工務店に足を運んで、相性を見極めてみましょう。

住宅メーカーや工務店選びで重視すべきところ

no.1

信頼性があるか

新築一戸建てを手に入れるために必要な住宅メーカーや工務店を選ぶ時は、妥協をするのは良くありません。ですから、しっかりと選んでいきましょう。まず、一番重視したいこととして、信頼性のあるところかどうかです。信頼できる相手でなければ、夢のマイホームを手に入れることもかないません。

no.2

実績が十分か

これまでどのくらい施工に携わり、お客様を満足させてきたのか、この実績も大切です。実績が十分なら、口コミでも評判が良いのは間違いないので、ホームページなどで施工事例を確認しておくといいでしょう。

no.3

アフターサービスがしっかりしているか

新築一戸建てを建てたら終わりではありません。その後のフォローがしっかりとしているかも、長く住み続けられるかどうかにかかわってきます。アフターサービスがしっかりしていれば、何かおかしいところが見つかってもすぐに補修などしてくれますから、安心してずっと住めるのです。

新築一戸建てを自分のものにするなら費用面について確認をしよう

新築一戸建て支払いのスケジュール

新築一戸建ての支払いは大きく分けて「土地の購入」「建築時の費用」「購入後の費用」に分けられます。段階に応じてそれぞれ細かくかかる費用が決まってくるので、まずは予算の確保が大切といえます。また、購入後は住宅ローンだけでなく税金などもかかってきます。寝屋川市で新築一戸建ての購入を検討している方はぜひ覚えておきましょう。

新築一戸建ての消費税を知る

住宅という高い買い物をする際には、消費税も大変高額になるでしょう。新築一戸建てで土地を購入する場合、消費税は建物に対してのみ課税され、土地代に対しては課税されません。また、個人が売主の中古住宅を購入する時にも消費税はかかりません。ただし、その他手数料や保険料などの諸費用でも消費税がかかるので注意しましょう。

購入が決定した後すぐ支払う費用とは?

住宅の購入が決まり、土地の売買契約が成立すると、「手付金」を支払う必要があります。手付金は、通常代金10%程度で、住宅購入資金の一部に充てられます。その後、全体の価格から手付金を除いた「残金」が決済されることになります。段階ごとに支払わなければならない費用が発生するので、あらかじめきちんと押さえておくことが重要です。

手付金の注意事項

手付金は売買契約が成立した後に支払うお金ですから、何かしらの都合でキャンセルしたい場合でもお金は返ってこないので注意が必要です。住宅代金の一部とはいえ大きな金額ですから、キャンセルという事態は避けたいものです。売買契約を結ぶ前に、住宅の購入計画を家族できちんと話し合い、納得した上で契約に進むことが大切といえるでしょう。

1番注意すべきこと

住宅は人生の中でも大きな買い物です。ですので、その場の雰囲気や、「お得感」などで安易に決めてしまうべきではありません。また、費用の面も大切。きちんと計画的にローンが支払えるのか、十分に検討するようにしましょう。

広告募集中