長年悩まされたコンプレックスとの決別|皮膚科で治療するほくろ除去

頬を触る女の人

レーザーでの治療

女性医師

治療後の注意点

美容皮膚科や一部の一般皮膚科ではほくろの除去ができます。小さいほくろならば、ほとんどの場合レーザー治療で取れます。レーザーによるほくろ除去は、ひとつあたり5分程度で終わります。ほくろは真皮層からメラニンが発生してできますが、浅いほくろであれば、麻酔なしでレーザーが打てます。治療後は肌色のテープを患部に貼って終了です。テープは3日ぐらい貼ったままにし、その後は処方されたコロイド軟膏などのホルモン剤を一日一回寝る前に患部に塗るようにします。その後しばらくするとかさぶたになってはがれ、3か月後くらいには周りと同じ肌色になります。紫外線に当てるとメラニンが再発するので、サンブロックをしっかり塗ってケアをする必要があります。長年悩まされたコンプレックスとの決別が果たせるのではないでしょうか。

料金の相場

美容皮膚科クリニックでできるほくろ除去は自由診療になります。それぞれのクリニックでほくろの大きさによって料金が設定されています。3mm以内は3000円〜5000円、3mm〜5mmは5000円〜8000円、5mm以上は8000円〜10000円が相場です。いぼのように突起した大きなほくろになると、レーザーではなくメスを使ってのほくろ除去になります。メスを使うほくろ除去は、大きさにもよりますが10000円〜20000円ほどするのが一般的です。ほくろ除去はほとんどの美容外科や美容皮膚科でカウンセリング当日に出来ます。ただし、大きなほくろになると悪性か良性か調べるために事前検査が必要になる場合もあります。

簡単に除去できます

レディー

ほくろ除去は美容クリニックや皮膚科などの医療機関で簡単に出来ます。その際は痛みの少ないレーザー照射を用いて除去をするので、身体に負担も少なく済みますし、術後も綺麗な仕上がりになります。

詳しくはこちら

黒子を取り除く治療

フェイス

美容外科でのほくろ除去の手術は最新の医療用レーザーが採用されています。また、美容外科では経験豊かで技量の高いドクターが皮膚への負担を重視してほくろ除去の施術を行う事から安心して受けることが出来る治療です。

詳しくはこちら

大きなものも治療が簡単

治療

ほくろ除去はレーザー治療によって大きいものでも、メスで切開して取り除くことがなくなりつつあります。治療を簡単に受けられると評判です。レーザーがメインですが、大きなものなどよっては炭酸ガスなどのメスによる除去手術が必要となる場合も少なくありません。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 長年悩まされたコンプレックスとの決別|皮膚科で治療するほくろ除去 All Rights Reserved.